クリニック紹介

インフォメーション

ごあいさつ

院長 鈴木大輔

皆様、こんにちは。
愛甲石田駅前にて「すずき糖尿病内科クリニック」を新規開業した院長の鈴木大輔です。
クリニックの近くにある東海大学医学部附属病院で24年間、糖尿病と腎臓病の診療に携わってきました。糖尿病は自覚症状に乏しく、放っておくと様々な合併症が進行する病気です。だからこそ、定期的な通院が必要であり、医師、看護師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士など多くの職種一丸となったチーム医療によるサポートが重要です。

当クリニックでは、「治療に生活を合わせる」のではなく、「患者さんひとりひとりの生活に合わせた治療」を基本理念として、患者さんの生活スタイルに合わせた治療を医療チーム全員で考えていきます。そのために5名の看護師以外にも、2名の管理栄養士や臨床検査技師、理学療法士も常勤させ(7名が日本糖尿病療養指導士CDE-Jの資格を有する)、病気のみを診るのではなく、患者さんの生活を尊重する治療を目指します。そして日々進歩する医療・医学を勉強し、理解し、解釈し、それを患者さんに還元出来るように精進します。

「スタッフが患者に関われば関わるほど糖尿病は良くなる」の信念の持ち、日々の診療を行いたいと思います。

すずき糖尿病内科クリニック

院長 鈴木 大輔

経歴

1989年3月
東海大学医学部卒業
1989年6月
東海大学付属病院前期研修医
1991年4月
東海大学医学部大学院入学
1995年3月
同 修了
1995年4月
東海大学医学部腎・代謝内科助手
米国ミネソタ大学小児腎臓科へ留学(糖尿病性腎症の研究)
1997年3月
帰国
1999年4月
東海大学医学部腎内分泌代謝内科講師
2003年4月
同 助教授
2007年4月
同 准教授(役職名称変更)
(2004 年4 月~2010 年3 月:東海大学医学部腎内分泌代謝内科診療科長)
(2006 年1 月~2013 年3 月:東海大学医学部附属病院第一診療センター長)
(2006 年4 月~2010 年3 月:東海大学医学部教育計画部次長兼務)
2013年3月
同 退職
2013年4月
すずき糖尿病内科クリニック開設
2015年5月
医療法人社団 STOP DM すずき糖尿病内科クリニック設立、現在に至る

受賞歴

1994年
日本内科学会奨励賞
1995年
Juvenile Diabetes Foundation International Post Fellowship Award
1995年
松前重義賞「学術部門」
1996年
1997年
1998年
 
星医会賞
2002年
日本糖尿病合併症学会賞-Young Investigator Award
2012年
日本腎臓学会 第3回(2011 年)ベストサイテーション賞(Original Article)

資格・学会関連

  • 医学博士
  • 日本糖尿病対策推進会議ワーキンググループ委員(2008年~)
  • 日本慢性腎臓病対策協議会(J-CKDI)神奈川県代表(2008年~2010年)
  • 日本内科学会:認定医・研修指導医
  • 日本糖尿病学会:専門医・研修指導医、評議員
  • 日本腎臓学会:専門医・研修指導医・学術評議員

所属学会

日本内科学会、日本糖尿病学会、日本腎臓学会、日本糖尿病合併症学会、
日本肥満学会、日本透析医学会、米国糖尿病学会、米国腎臓学会

医院概要

※ 写真をクリックすると拡大画像をご覧頂けます。

  • 外観
  • 受付
  • 待合スペース
  • カウンセリングルーム1
  • カウンセリングルーム3
  • 栄養指導室
  • HbA1c迅速検査
  • 診察室

医院概要

医療法人社団 STOP DM すずき糖尿病内科クリニック

所在地
〒243-0035
神奈川県厚木市愛甲1丁目3-24(旧愛甲980-1)
エランドール2F
電話
046-281-8885
最寄駅
小田急小田原線 愛甲石田駅北口より徒歩2分
診療科目
内科、糖尿病内科
診療時間
  土日祝
午前 9:00~12:00 -
午後 14:00~17:00 -

土・日・祝は休診

臨時休診の場合がありますので、事前にお問い合わせ下さい

アクセスマップ

パーキング
専用駐車場有り詳しくは 交通・アクセス
初めて受信される方へ